ブラウザの設定でJavaScriptを有効にするには、下記作業後ページをリロードします。環境やヴァージョンにより、表示や方法が異なる場合があります。

下記の作業で生じた機器的その他の損害につきましては一切の責任は負えませんのでご自身の判断で行って下さい。

Safari 2.0

  1. メニューの“Safari”から“環境設定”を開きます。

    Safari 2.0 › 環境設定

  2. セキュリティタブにある“JavaScriptを有効にする”にチェックを入れます。

    Safari 2.0 › セキュリティタブ

Firefox 1.5

Windows

  1. メニューの“ツール”から“オプション”を開きます。

    Windows Firefox 1.5 › ツール › オプション

  2. 上のアイコンで“コンテンツ”を選択、“JavaScriptを有効にする”にチェックを入れます。

    Windows Firefox 1.5 › ツール › オプション › JavaScriptを有効にする

Macintosh

  1. メニューの“Firefox”から“環境設定”を開きます。

    Macintosh Firefox 1.5 › 環境設定

  2. 上のアイコンで“コンテンツ”を選択、“JavaScriptを有効にする”にチェックを入れます。

    Macintosh Firefox 1.5 › 環境設定 › JavaScriptを有効にする

Internet Explorer 6

  1. メニューの“ツール”から“インターネットオプション”を開きます。

    Internet Explorer 6 › インターネットオプション

  2. “セキュリティ”タブで“インターネット”を選択、“レベルのカスタマイズ”をクリック。

    Internet Explorer 6 › インターネットオプション › レベルのカスタマイズ

  3. “スクリプト”欄の“アクティブスクリプト”を“有効にする”にします。

    Internet Explorer 6 › インターネットオプション › アクティブスクリプトを有効にする